虎ノ門の内科で早期発見に努めよう

私たちは毎日のように食事を食べます。それが人間の活動源であり、栄養を全身に巡らせるためにも食べなければなりません。この食ものを消化してくれるのが、胃や腸という臓器です。消化をして栄養素を血液に乗せ全身に行き届かせてくれるんです。

だがこの胃や腸という臓器は生まれてからずっと、フル稼働で働き続けてくれています。それ故、時折下痢をしたり逆流したり、胃痛や胸焼けなどを起こす事が有ります。こうなった場合には、食事をあっさりとしたものに変えたり、油を控えた調理法に変えていくことも大事です。胃の負担を軽減させるこうした対策を講じても、一向に改善されない場合には、虎ノ門にある消化器内科を受診するようにしましょう。

胃痛胸焼けがいつまでも治らないということは、何か重篤な病気が隠れているかもしれません。虎ノ門の消化器内科では経口内視鏡や経鼻内視鏡などで精密に胃や腸を検査します。もし検査をした際にポリープなどが見つかれば、その場で切除もするのです。内視鏡を使えばがん細胞の有無もはっきりとわかります。

万が一がん細胞が見つかったとしても恐れる心配はありません。虎ノ門の消化器内科では、胃がんや大腸がんの治療に長けた専門の大病院に紹介状を書いてくれます。このようにきちんと精密検査をしておけば、早期発見早期治療が実現するのです。現代は胃がんや大腸がんは、日本人の死因の上位に君臨しています。

それ故こうした消化器の専門検査をすることは非常に大事なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です