虎ノ門の内科で風邪など気になる症状を相談

虎ノ門の内科では、風邪などの気になる症状を相談できます。風邪はインフルエンザと症状が似ていますが、軽い症状でも急変する可能性があるため特に高齢者は注意が必要です。風邪は細菌やウイルスなどが原因で引き起こされる上気道や鼻の急性炎症で、粘膜から感染します。ウイルスや細菌に感染すると鼻水や喉の痛み、咳など様々な症状が出ます。

インフルエンザはウイルス感染で発症し急激な発熱や筋肉痛、悪寒などの症状が現れます。虎ノ門の内科ではインフルエンザの診療も行ってます。風邪の場合は徐々に症状が出て、通常は4日から5日程度で治ります。急に症状が現れるインフルエンザは1週間程度で回復するケースが多いです。

風邪やインフルエンザを防ぐためには、事前の予防対策が重要になります。ウイルスが付着している手や物で口や鼻に触れると、粘膜から体内にウイルスが入り感染します。アルコールを使って手や指を消毒する行為は、感染症対策になります。虎ノ門の内科には、アレルギー疾患の患者も訪れています。

日本では、男女を問わず花粉症で悩む人が多いです。植物の花粉が原因で鼻水などのアレルギー症状が出る花粉症は、季節性のアレルギー性鼻炎とも呼ばれます。アレルギー性鼻炎は、原因物質によって2種類に分類されています。鼻の症状に加えて、目の症状を伴うケースも多く皮膚に痒みが出る人もいます。

アレルギー性疾患の治療は、原因物質の除去が基本です。症状をコントロールして、必要なら薬物療法を取り入れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です