SIMフリー化のデメリットは

スマートフォンはSIMロック解除をしてSIMフリー化することができます。

SIMフリー化すると、好きな通信会社のSIMを指して利用することが可能です。

しかし、キャリアによっては通信方式が違うことから、満足に動作しないことがあります。

したがって、利用する場合は動作をするかどうかのチェックが必要となります。

特にdocomoとソフトバンクは同じ通信方式を使っていますが、auは特殊な通信方式を利用しているため、異なる通信方式の通信会社のSIMを使った場合、きちんと動作しない可能性があります。

キャリアメールも、基本的に使えなくなります。



設定をすることで使えるようになる場合もありますが、使えないこともあります。



これは端末によって異なるので、同じ端末で別のSIMカードを差し替えたことがある人の情報を参考にすると良いです。

個人ブログ等ではこういった体験情報が見られるので、気になる端末について扱っている情報を見つけることができれば役立ちます。


SIMフリー化して他社のSIMを利用した場合、端末のアップデートをすることができなくなることもデメリットです。



そのため、アップデートしたい場合は、従来のキャリアのSIMを使わなくてはなりません。

完全にこうした場合はこの点で不利益を被る可能性はありますので、注意したほうが良いでしょう。格安SIMの場合は、端末が行こうか農家の情報がホームページで示されているため、事前に知ることが可能です。